高血圧症にお風呂療法がおすすめ

高血圧症の方は、お風呂に入ることで、症状を改善していくことが可能ですが、その際に、気をつけなければならないことやポイントがいくつかあります。
適度な温度での入浴は、血管を広げ、血流が良くなります。
その為、一時的に、血圧が下がるということになります。
熱いお風呂で、短時間、さっと入浴するのが好きな方もいらっしゃいますが、高血圧症の方は、あまり熱い温度のお風呂はお勧めできません。
というのは、お風呂の温度と、外の温度(脱衣所など)に差がありすぎると、血圧や血管にかかるストレスが大きくなってしまうのです。
例えば、冬場などは、10度以下の寒い脱衣所で急いで服を脱ぎ、41度の熱いお風呂に入る、そしてまた急激に寒い脱衣所に戻る…。
この際、血圧が過度に上がったり下がったりして、血管の収縮が繰り返されます。
このように、過度な温度変化が短時間で起こることで、血圧が急激に上下することを「ヒートショック現象」と呼びます。
ヒートショック現象により、脳梗塞、心筋梗塞などが引き起こされてしまう可能性があるのです。
高血圧症の方にとって、お風呂での療法はとても良いものですが、温度差には十分に気をつけることが大切です。
まず、脱衣所を予め暖めておき、お風呂との温度差をできるだけ減らしましょう。
お風呂の温度は、体温よりやや高めの38度~40度くらいがベストです。
お湯に入る前に、足先から順番に、かけ湯をして慣らしていきます。
急に頭から洗う方は、要注意です。
どんなにお風呂が気持ちよくても、長湯は、心臓に負担がかかりますので、血圧を上昇させないためにも、湯船につかる時間は、15分程度が目安です。
心臓から下の「半身浴」もお勧めです。
温泉やサウナに入る場合は、高血圧症の方は、更なる注意が必要です。
80度~90度のサウナから、一気に水風呂に入るというのは、身体に非常に大きな負担がかかります。
温泉では、できるだけぬるめの方のお風呂に入りましょう。
お風呂から上がる際も、温度差をできるだけなくす為に、ゆっくりとかけ湯をしながら身体を慣らしていきます。
脱衣所を暖めておくのも忘れずに。
お風呂上りは、汗とともに、血液中の水分が失われていますので、血液の粘度が高い状態です。
血栓を防ぐためにも、忘れずに水分補給をすることが重要です。
高血圧症の方にとって、入浴方法の制限は多々ありますが、正しい方法での入浴は、血圧を下げ、ストレス解消や、肥満予防にも繋がります。